電子カルテをクラウドで管理した方が良い理由まとめ

電子カルテの最大のメリットとしては、カルテ保管のためのスペースを省くということです。他には患者が医療機関を利用した履歴やアレルギーの有無、過去に患った病気、処方された医薬品に関するものなど過去のデータをチェックできるため、正確なデータを確認することができますし、端末とネットワークさえ環境が整っていれば気軽にアクセス可能です。クラウドにデータは蓄積されていく為、病院にサーバーを置く必要もありません。医療現場では人命に係わる事もある為スピーディな行動が必要不可欠ですが、業務が多忙な職場でもあるため、人為的ミスも発生しやすい傾向がある現場です。その為、電子カルテを用いることによって医療ミスを起こさせないために指示内容を漏れなく実行することに配慮された設計がなされています。電子カルテを用いることによって業務がすばやくできるぶん患者を待たせる心配もありません。

電子カルテをクラウドで導入する際のメリットとデメリット

電子カルテはインターネットを介してデータを取り扱うため、専用のデータベースを新たに設置する手間も省けます。インターネット回線は特定のものを用意しなくてよいので、設備にかける初期費用を大きく抑えることができます。通常のデータベースを常設した場合には、定期的にシステムを最新のものにバージョンアップする手間はありますが、クラウド型を導入した場合はそのような手間もありません。クラウド型の電子カルテは、基本的にインターネットを利用することになるので、パソコンやタブレット端末を利用したり、ネット環境さえそろっていれば、自宅や外出中でも電子カルテをいつでも必要な時に取り出すことができます。ですがクラウド型を使用する際には、クラウド側のセキュリティー設備をよく確認する必要があります。

電子のカルテをクラウドにして運用する利点

最近ではクラウド型の電子カルテが拡大を見せています。設置型の電子カルテは電子カルテのソフトウェアがインストールされたコンピューターを院内に物理的に置いて使用するタイプの電子カルテです。その為、コンピューターの購入費用に高額な代金が発生してしまい、ハードウェアに障害が現れることも珍しくありません。また、一定の年数が経過するとハードウェア自体を買い換える必要があり、コスト面が非常にかかります。一方、クラウド型の電子カルテは、必要なソフトウェアをインストールしたコンピューターを院外にあるデータセンターで保管しており、インターネット回線を通じてソフトウェアを使用する方式で、 データセンターのセキュリティは業者が厳重に管理システムを組んでいる為、ハードウェア障害が発生する可能性は極めて低く、操作する端末に特殊なソフトウェアを組み込む必要もありません。