クラウドなら電子カルテの整理も簡単

従来の導入型電子カルテというのは、院内に専用のサーバーを設置しなければならず、専用サーバーや機器のセキュリティーに関する費用も別途必要でしたが、近年普及し始めているクラウド型の電子カルテはインターネット回線を通し提供されるシステムサービスを利用するため、導入型の電子カルテのように専用の回線は必要なく、導入型の電子カルテよりも低コストで導入することができます。また、クラウド型の電子カルテの場合、機能の拡張やシステムのバージョンアップはクラウド上で定期的に行われるため、システムの更新にかかる手間や費用もかけず、常に最新のシステムを使用することができます。その他にも、インターネット環境が整っていればどこでも利用することのできるクラウド型の電子カルテは、病院内だけでなく訪問先や自宅でも利用できるほか、パソコンに限らずタブレットやスマートフォンからでも利用可能というメリットがあります。

クラウド型電子カルテのおすすめポイント

近年さまざまなサービスで導入が進んでいるクラウドサービスですが、サービスのクラウド化は膨大な患者さんのデータを管理している病院側にとってもさまざまなメリットがあります。例えば、従来の導入型電子カルテの場合は、患者さんの情報を専用のサーバーに保存するだけで、セキュリティー管理というのは決して十分とはいえませんでしたが、クラウド型の電子カルテの場合は患者さんの情報はすべてデータセンターで保管されるため、災害時などにパソコンをはじめとする電子機器が使用できなくなったとしても、患者さんの情報は安全・安心なセキュリティー体制により守ることができます。また、クラウド型の電子カルテの場合は、患者さん一人ひとりのカルテを複数の病院で共有することができるシステムが導入されているものも多いので、患者さんの情報をより正確に把握することが可能です。

クラウド型電子カルテのデメリットとは?

データベースを必要としないクラウド型の電子カルテは、メンテナンス費用などもかけずに、患者さんの情報を随時閲覧・記録することができることから、導入している医療機関も増えてきていますが、クラウド型の電子カルテを導入する際には注意も必要です。例えば、電子機器である以上電子カルテも故障はつきものですが、使用しているパソコンの使用期間が長くなれば長くなるほど、パソコン自体の故障リスクも高まってしまうため、電子カルテをより安全に安心して利用するためには定期的なシステムの入れ替えも必要といえるでしょう。また、電子カルテは電子機器であるが故に停電に弱いというデメリットもあります。医療機関の場合は自家発電機があるところも多く、停電時でも医療機器や電子機器が使用できるようになっていますが、大規模災害時など長期間停電が続いてしまう場合は使用できなくなってしまう場合もあり、電子カルテを導入する際は対策も必要です。