クラウドでの電子カルテなら業務の効率化につながる

大病院だけではなく、地域のクリニックでも電子カルテを導入している病院が増えてきました。電子カルテは、紙のカルテで必要になっていた保管場所が不要になります。そして、患者さんの受付をした後、カルテを探し出して、担当医師に渡し、診療後に受け取って保管するという作業も必要がなくなります。このように、電子カルテは、紙のカルテより、業務の効率を格段に上げることができますが、クラウドの電子カルテに移行すると、さらに生産性を向上させることができます。例えば、院内で電子カルテを管理するためには、データを院内のサーバーで管理することになりますが、適切にバックアップや情報漏洩対策などを行っていく必要があります。その点、クラウドでは、維持管理をすべて業者に任せ、業務利用をするだけでよくなるのです。

メリットの大きいクラウドの電子カルテ

クラウドの電子カルテは、インターネットにアクセスした状態で使用し、データもインターネットを経由して保管されます。データを院内に保管しないのでは、データの流出等が懸念されがちですが、IDやパスワードを入力しなくてはアクセスができないので、セキュリティー面では院内のサーバーに保管するのと変わらないことになります。院内サーバーよりも、専門の業者が管理するため、より厳重に管理され、データ流出などの問題が起こる確率ははるかに少なくなると考えることができます。しかも、大規模な地震や水害が頻繁に起こるようになった昨今では、院内のサーバーでは、データを守りきることは難しくなっています。クラウドの電子カルテなら、病院の機能が災害で失われても、カルテのデータが失われる心配がありません。

院内利用だけに留まらないクラウドの電子カルテ

院内に設置し、院内で管理する電子カルテは、アクセスできる範囲が院内に限られます。ところがクラウドの電子カルテは、病院の内外を問わず、IDやパスワードを共有している関係者であれば、アクセスすることができます。例えば、訪問診療を行っている医師は、インターネットに接続できるパソコンやタブレットを訪問先に持参すれば、訪問先で電子カルテを開くことができます。学会などの出張先で、電子カルテの情報を確認したり、病院で緊急を要する患者が出たときに、電子カルテの情報を確認して指示を出すということもできます。このような便利なクラウドの電子カルテは、電子カルテ単体でも便利ですが、レセプト業務や受付業務も同時に行えるクラウド電子カルテを利用すれば、受付から最後の会計までのあらゆる面で無駄を省き、スムーズな診療を実現することができます。