いつでもどこでも検索ができるクラウドの電子カルテ

旧来、病院にサーバーを置き、病院内で電子カルテを見るという形でした。つまりサーバー管理も病院が行う必要がありました。もちろん病院がサーバー管理者を専門に雇う、もしくは依頼する形になりますが、サーバー管理はウイルス管理だけでなく、ソフトやOSのアップデートを24時間体制で監視、トラブル時には即対応できる人員が必要になります。それだけでなく、病院内だけで使用する形になり、分院や往診先などで利用することができないなどの不便もあります。クラウド管理をすることで、もちろんセキュリティーをクリアした上で、どこでも見て書き込むことができるという点は最大のメリットです。無床診療所の病院でも、往診先で見たいと思うこともありますし、病院同士の連携が取れるようになれば既往症についても、より詳しくわかるようになります。

クラウドでの電子カルテはどのように活躍するのか

電子カルテを、院内サーバーではなく、クラウド管理することのメリットはどこでも見ることができるという点だけではなく、地域が停電したときでも、サーバーになっている会社が無事であれば、影響しないという点です。もちろんクラウド管理しているサーバーがトラブルに合えば停止する可能性はありますが、多くのサーバーは別に電源を持っていたり、二重にデータを管理しているなど、セキュリティー対策をしています。もちろん完全という保証はありませんが、今後ますます進んでいくオンラインの波のなかで、必然となりつつあります。これは診療報酬と介護報酬の改定により、対面診療を補完する形で遠隔診療が可能になってきており、オンラインでのやりとりは、さらに活躍の場を広げています。紙には紙の良さはありますが、オンライン化されることと反するわけではないのです。

電子カルテのクラウド管理はリスク分散

紙での記録は、かさばることや、探し出すことに時間がかかることが問題になります。また人によってはクセ字もあり、読みづらいという欠点もあります。また1枚だけ紛失した、データを盗み見られたということもありますが、これは電子カルテでも同じです。しかもこちらは盗まれる、紛失するなどが1件ではなく、多数同時に起こる可能性もありますから、セキュリティの面では紙に軍配があがります。しかしリスク分散という点では、クラウドに任せることで、データを病院とは別の場所に置き、火事や盗難の被害があっても、データは無事という場合もあります。これが紙や旧来の電子版であれば、全て失ってしまう可能性もありますが、クラウドの場合はそのようなリスクが少なくなります。完全に安全なシステムは、難しいですが、リスク分散は需要なことです。