誰でも簡単クラウドで保存する電子カルテとは

医師が診療の経過状況や薬の処方内容を記入するカルテは、今までは紙のものしか存在していませんでした。しかし現在は電子的なシステムに置き換えをし、電子情報として編集、管理を一括してデータベース上に記録するシステムを利用するカルテが広く普及し始めています。電子システムのクラウドを利用したカルテは、大きく分けて病院向けとクリニック向けがあります。入院機能や部門機能の有無、医事会計システムいわゆるレセコンの有無が違っているため、どちらを選ぶのかは利用者が判断することになります。現在は、新しく開業する医療機関のほとんどが、開業時に電子システムを利用したカルテを導入しています。しかし意外なことですが、医療機関全体を見ると、まだまだ普及率は低いのが現状です。しかしメリットの電子タイプは、これから主流になっていくと考えられています。

患者さんにもメリットのあるクラウドを用いた電子カルテ

電子システムを利用したカルテを導入すると、以下のようなメリットを得ることができます。まず、紙カルテと違いカルテを出すまでの時間が削減されるので、受付業務や会計時間の時間短縮に繋がります。さらに、インターネット回線によって提供されるクラウド型の電子システムを利用したカルテなら、わずか数秒で該当するカルテを探し出すことができるのです。しかもクラウド型なら、サーバーを医院内に設置する必要がないため、作業スペースを拡大することができます。インターネット回線につきものの、更新作業やバックアップをする必要もないため、煩雑なメンテナンス作業から解放されるのです。これらは導入する医療機関にとっても大きなメリットですが、患者さんにとっても同じようにメリットがあるため、お互いに良い関係性を築くことができます。

簡単に導入することができるクラウド型の電子カルテ

医療機関を開業する時と合わせて新システムを導入するのは便利ですが、既に開業している医療機関が新しいシステムを導入するのはなかなか難しいです。しかし、クラウド型の電子システムを利用したカルテなら、インターネット回線があれば簡単に導入することができます。サーバーを医院内に設置する必要がないため、新たな設置スペースを確保する必要がなく、カルテの使用が許可されたパソコンやタブレット端末があれば、院外でも利用することができるのです。これを活用すれば、緊急で患者さんが運ばれた時でも、その場でカルテを確認することができるため、時間の手間を省くことができスピーディに的確な指示及び処置を施すことができます。情報漏えいの心配があるときは、院外で利用できないよう設定可能なシステムを利用すると安心です。